. 
 
新館内覧のおしらせ [社会福祉法人青丘社] 2022-04-18 11:39:20
新館内覧のおしらせ写真1
チラシ
青丘社の活動の母体となった大韓基督教会川崎教会の建て直し、および、青丘社の第三の活動拠点として建設が進められてきた「みんなの家(仮)」が、新年度を迎え完成しました。地域の人々とともに、つながりを築き、深め、継続する拠点としていく所存です。
こうした想いは、ご関係のみなさんとのつながりなくしてできるものではありません。ぜひ、「みんなの家(仮)」を積極的にご活用いただき、みなさんの力で活動が育てられていくことを期待しています。

オープンに際し、案内の係を配して内覧会を行います。下記日程のなかでご都合の良いタイミングでお越しくださいますよう、ご案内申し上げます。
日時:2022年4月21日(木)、22日(金) 13時~16時
場所:在日大韓基督教会川崎教会(川崎区桜本1-8-22 チラシに地図が掲載されています)
問合せ:ほっとライン 電話044(270)6127    
           FAX044(270)6128
           Eメール hotline@seikyu-sha.com
【追記あり】ヘイトから桜本を守ってください! [社会福祉法人青丘社] 2022-02-15 15:55:17
【追記あり】ヘイトから桜本を守ってください!写真1
理事長声明文。クリックで拡大します
川崎や相模原でヘイトスピーチを繰り返している人物が2月13日、自身のtweitter上で、桜本の地名を出して「抗争したい」とツイートしました。
この人物は、2月8日には包丁3本を持った写真をアップして「武装なう」ともツイートしています。包丁を持つことを「武装」と言う人物が、自分たちの生活するまちを名指しして「抗争したい」と発言している――万が一を考えたら、誰でも恐怖に駆られるでしょう。
みなさん、まずはこのような発言をする人物がいることを知ってください。
「ヘイトスピーチ解消法」が存在しているにもかかわらず、類似のSNS上の発言や、排外主義を掲げる集団の街宣行為は後を絶ちません。
青丘社の理事長・三浦知人は、同人物の発言を、桜本への脅迫であると認識して声明を出しました。
(声明文)
桜本を守ってください! 地域からの訴え

差別をなくし、共に生きる地域社会を求める市民のみなさん。私たちは、多くの市民とつながりながら、共生のコミュニティ、地域社会づくりへ地域貢献してまいりました。
2015年及び2016年に二度にわたり、まちを襲うようにヘイトスピーチデモが押し寄せました。ヘイトスピーチに無理やり向き合わされたまちに、「子どもを守れ!」「ハルモニを守れ!」と多くの市民が駆けつけ、体を張ってまちを守ってくれました。以来、ヘイトスピーチの根絶に向けて、つながりをひろげ、共生の課題を共有、共感する活動を進めることができたと感じています。
しかし、残念ながら差別主義者の活動は依然として続けられています。ふれあい館への脅迫状や差別電話などの攻撃も継続しています。
川崎や相模原で外国人排斥のヘイトスピーチを繰り返す「澤村うり」と名乗る差別主義者が、今月8日、3本の包丁を手にした写真に「武装なう」というコメントを添えた投稿がなされました。そして、13日には、「桜本で~と抗争したい」とツイートし、桜本への暴行行為の発信をしました。
桜本を標的とした挑発と脅迫的発信は、看過できるものではありません。まちに暮らす市民に不安と恐怖と嫌悪を与える「澤村うり」の投稿に対して、多くの市民が、桜本のまちを守るためにご支援、ご協力いただきますよう訴えます。

社会福祉法人 青丘社
理事長 三浦知人
(声明文おわり)
2月20日14時から、差別主義者の団体が川崎駅前で街宣を行うことを予告しています。澤村うり氏は、その団体のヘイト街宣の常連参加者です。
「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」はこれらの情報を共有し、差別行為への抗議を表明する広報活動を行う予定です。
もう少し詳しい情報は、追ってお知らせします。差別はよくないことだと考える市民の皆さん、お時間があったら、少しだけご協力してくださいませんか?

【追記】
上記のとおり、2月20日14時から、「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」による広報活動を行います。ご興味のある方はこの時間に、川崎駅東口の石敢當周辺においでください。長時間の参加でなく、10分程度でも大丈夫です。積極的に何かをしていただかなくても大丈夫です。チラシを受け取って読む、危険なことが起きていないか遠巻きに観察する、ネットワークの広報活動の近くにただ立っている、それだけでも味方になります。
新館建設工事が進んでいます [社会福祉法人青丘社] 2021-11-12 15:15:56
青丘社「みんなの家」ブログ[LINK]
青丘社の活動の新たな拠点とするべく、「みんなの家(仮)」の建設工事が進んでいます。
3階・4階は川崎教会が、1階・2階は青丘社ほっとラインをはじめ複数の事業の活動場所となります。
そしてなによりも大きな目的は、「地域のみんな」を迎える居場所となることです。地域の人々に寄り添ってともに歩むことをこれからも地道に続けてまいります。
進捗状況は上記リンクより、「みんなの家(仮)」ブログをご覧ください。
             
   
 

クリックすると拡大表示します
 
--社会福祉法人青丘社-- Copyright http://www.seikyu-sha.com/ All Rights Reserved