高齢者・障がい者が主人公の活動拠点施設
      みんなの家(仮)
 
 
 
     日本語l ENGLISHl 한국어    
 
1.開かれた場づくりK
 活発な地域行事を行うことによって仲間づくりを推進します。 高齢者、障がい者が主体となることで、繊細なつながりや、心のふれあいが生まれます。K
 
 
2.高齢者とのミュージアム活動K
 わが街は、戦争を下支えし、日本の「発展」を重労働で支えた街です。戦争の悲惨さ、厳しい差別と貧困を生き抜いた生活史は、次世代につなぐ財産です。 時代を生き抜いた高齢者たちと学び合いながら、体験や記憶を継承するための地域生活ミュージアム活動を行います。K
 
 
 
3.障がい者との共生メッセンジャー活動K
 商店街の街並みは、孤立感を抱える高齢者にとってのオアシスのような空間です。その”灯”を守るべく、商店街と連携して、障がいのある人が交流イベントを行います。共生のための共感関係を押しひろげます。K
 
 
4.今を豊かに生きるごった煮の余暇活動K
 高齢者、障がい者が、ていねいなレクリェーションスキルを学習する場、大切な自分自身の自由な時間を見つけだし、育てていく活動を、ごった煮のような多様性のある場でつくっていきます。K
 
 
 
5.働くことを分かち合い、K
 役割を保持した就労の場づくりK
働くことは収入を得ることだけでなく、生きがいや社会での役割感、社会参加でもあります。これまで休むことなく額に汗して働いてきた高齢者の「自分のリズムでいつまでも働きたい」という意欲に応える就労の場づくりをします。 働きにくさ、生きにくさを抱えた人とのコミュニティ―ビジネスの創造、ユニバーサルな就労支援活動に挑戦します。K
 
 
 
 

Copyright   「みんなの家」建設委員会  All Rights Reserved